「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

今日ボクが見た風景

南京大虐殺“決定的証拠写真” 全てがおそらく合成 朝日新聞をはじめとする左翼メディアのヤラセ

 中国の歴史捏造の代名詞が「南京大虐殺」だ。



1937年の南京事件で30万人もの市民が虐殺されたと中国側は主張するのに、
そのおびただしい死体を目撃した者は誰もいない。


中国が捏造した写真と、真実の写真を比較すれば、でっち上げが一目瞭然である。

 ここに1点の写真がある。膝立ちになって首をはだけた男性を前に、


兵士が左足を前に踏み出して刀を振り上げているという構図になっている。
1938年7月発行の『日寇暴行実録』(国民政府軍事委員会政治部編)、


『外国人目睹中之日軍暴行』(H.J.ティンパーリ編著)に掲載され、
「日本軍による処刑写真」として流布されている有名な写真だ。

 しかし、この写真は粗悪な捏造写真であることが指摘されている。


亜細亜大学の東中野修道教授は、『南京事件「証拠写真」を検証する』


(草思社刊)で次のように分析している。



〈刀を持つ人は、首を斬るさい、右足が前に出ていなくてはならないが、


左足を前に出している。これでは刀を振り下ろしたときに、みずからの足を斬ってしまう〉


〈刀を持つ男はチャンチャンコのようなものを着ているが、将校、下士官、兵を問わず、
このような服装をした軍人は日本軍には存在しない〉




 捏造写真について拓殖大学日本文化研究所客員教授の黄文雄氏はこう解説する。



「南京大虐殺の決定的“証拠“として出回る写真のすべてがこうした類のもので、おそらくは合成かヤラセ。



それがデタラメな解説とともに流通している。


それを承知で写真を使いまわし、適当なキャプションを付して報じてきた反日マスコミの責任は重大だ。


30万人という数字も中国共産党中央の文宣部が決定したもので根拠は何もない」




 ジャーナリストの水間政憲氏は指摘する。



「中国が南京大虐殺を持ち出したのは1970年代に入ってから。1972年の日中国交正常化に向け、
外交を有利に展開しようと歴史認識問題の利用を思いついたのです。



これに乗じたのが朝日新聞をはじめとする左翼メディアだった。
1971年に始まった本多勝一氏の連載『中国の旅』で大キャンペーンを張り、


日本軍による南京大虐殺を国内外に喧伝しました」

※SAPIO2013年8月号 NEWS ポストセブン 8月9日(金)16時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130809-00000017-pseven-cn



  

c0364699_19443000.jpg








日本人が数十万人を殺し、その死体を一夜にして消失させた 南京無双








日本にいる左翼とか呼ばれてる人って、左翼ではなく、ただの売国奴なんでしょ








http://history.dwnews.com/news/2012-02-22/58612640-all.html




c0364699_19443086.jpg



日本兵でなくてもいいんだよな 当時のあらゆる殺戮の場面をかき集め 題して「南京大屠殺」ときたもんだ。













南京事件 人口20万人だったが「虐殺数30万人」と中国教科書



 一人っ子政策が敷かれた1980年代以降に生まれた『80后(バーリンホウ)』。


甘やかされ、何不自由なく育った80后は、反日教育を強く刷り込まれた世代でもある。



80后の若者は約2億人とされているが、では、実際に彼らはどのような反日教育を受けてきたのか。



『韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する』(小学館文庫)の著者で、


明星大学戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏によれば、


中国の中学校用の歴史教科書は日本人にとっては驚愕するような内容だという。



 80后が学んだ教科書『中国歴史』(人民教育出版社)の日本に関する記述は、


近代以前と以降で姿勢ががらりと変わる。



近代以前は中国に対して日本が朝貢する主従関係だったことが繰り返し強調され、


元寇など中国が加担した侵略戦争がなかったことにされている。



近現代史の記述になると、日本は悪逆非道の国として描かれていく。



 プロパガンダの極めつけは、南京事件である。



〈日本軍は南京占領後、南京人民に対し、血なまぐさい大虐殺を行ない、驚くべき大罪を犯した。


(中略)戦後の極東国際軍事裁判によれば、南京占領後6週間以内に、


武器を持たない中国の国民30万人以上を虐殺した、とのことである〉



「いわゆる東京裁判の判決に記されている数字は著しく根拠が薄弱ですが、


史実として『東京裁判の判決』を記すのであれば正確には『20万人以上』です。


『30万人以上』は勝手な水増し。



 そもそも当時の南京市の人口は約20万人で、それ以上の数をどう殺したのか。


しかも東中野修道氏(亜細亜大学教授)の『「南京虐殺」の徹底検証』によれば、


南京陥落の翌年、1938年の年末には南京市の人口は44万人に膨れ上がっている。


なぜ中国人はわざわざ南京に集まってきたのか。


治安の確保された安全地帯だったからではないのでしょうか」(勝岡氏)



※週刊ポスト2010年11月12日号



http://www.news-postseven.com/archives/20101105_5035.html







c0364699_19443051.jpg



c0364699_19443071.jpg











事実なんてどうでもいいんだよな 中共と下朝鮮。


声高に被害者ぶって謝罪だ反省だ賠償だと言ってきた事は


世界がきっちりと確認した。





さぁ、この嘘がどこまで通用するか、見せてもらおう。


そして日本は、本当は誰が卑怯で残忍な奴なのか見定め


未来へ語り継いでゆく。


[PR]
by hinoe-e | 2013-08-10 15:08 | 報道