ブログトップ

今日ボクが見た風景

今の韓国人ニューハーフはLINE等で売春の商談をしている


【SPA】


「韓流ブームで韓国人の立ちんぼは逆に減った。


今の韓国人ニューハーフはLINE等で売春の商談をしている」




 ’02年から始まった歓楽街の浄化作戦は、石原慎太郎都知事(当時)の呼びかけで東京の夜の街に大きな影響を与えた。
その後’06年に施行された風営法改正と相まって、看板をともす風俗店、強引な中国小姐の客引きなどは確かに減り、
一見すると街は健全さを取り戻したようにも見える。
ネオン街に続き、かつて裏通りで数メートルおきに立っていた立ちんぼ(街娼)、「援助待ち」少女たちはどうしているのだろうか。

 まずは大久保、新大久保間の、かつて「立ちんぼ銀座」ともいわれた百人町エリア。歌舞伎町近辺でも最もディープな場所の一つだ。
10年ほど前の最盛時は2~3mおきに毎晩100人近くが客を引いていたが、今は週末を中心に20~30人が立つ程度だ。

某公園前の直線路を挟み街路の暗がり、電柱に寄り添うように佇み、そばを通ると定番の「オ兄サーン」、「アソブー?」など片言で声をかけられた。
そのイントネーションで、中国系、アジア系、南米系と判別できる。そして意外にも韓国人は韓流ブームとともに減ったという。

 近隣の在日韓国人は「裏通りまで韓国料理店が進出し、同じ国の人間が鉢合わせするのを嫌ったのが理由。
韓国人は売春や風俗に差別意識が強く、体面や格好をつけたがるから」と説明する。

 今は8~9割が中国人だ。
 相場はホテル休憩で2万円だが、そこは交渉次第。1万円、ホテル代別、さらに値引きも可能だ。
以前は駐車場の片隅や階段の踊り場で、フェラだけ1500円という「伝説のババア」も出没したが、防犯カメラの設置で、交渉自体もひっそり目立たぬよう行われている。

 実際、周囲を歩くと、立ちんぼたちは数年前から変わらない顔ぶれが散見でき、おそらく30代後半から50代以上。平均年齢は40代半ば以上と思われた。

日本人や援助待ちの少女が多く出没する場所として知られた歌舞伎町「H」前は、都の浄化作戦の影響が顕著だった。
数年前に沿道プランターに柵が設けられ、彼女たちが身を潜める場所がなくなり、くまなく監視するカメラ設置と巡回パトカー、また隣接するビルに入国管理事務所ができてから、佇む女たちは日本人、外国人ともに消えてしまった。

 美女とみまごう韓国人ニューハーフに話を聞くと「今はみんなLINEやスマホで連絡取るよ」と言った。漫画喫茶や出会いカフェで待機し、
掲示板やLINEグループで声がかかってからやって来るのだという。

http://yukan-news.ameba.jp/20141024-29190/









テョンが売春ばかりやってるって自慢なのか










ホモの売春婦www
徴兵の影響だろうな










女は勿論、男も体を売って出稼ぎか…。
これで自称先進国だってよw。
どうでもエエけど、他所へ行け!。









(◎__◎;)ハイジア裏では、ホテ別3千円まで交渉できると聞きました。












なんで知ってるんだよw










韓国人売春婦は、わざとエイズの人を、日本に送り込んでるんだよね。








コリアンニューハーフはエイズ持ちもいるから気をつけろよ。












韓国人オカマは
エイズの可能性が高いそうだ
絶対にちかよるな












LINEを日本人に使わせなければ良いんだな。











[PR]
by hinoe-e | 2014-10-26 00:54 | 外国人犯罪