ブログトップ

今日ボクが見た風景

【反撃せよ!ニッポン】創作された「歴史」の修正を主張する時期に来た K・ギルバート氏

「勝てば官軍」 戦後GHQが「大東亜戦争」を禁じた理由




創作された「歴史」の修正を主張する時期に来た K・ギルバート氏






近年、「歴史修正主義」という言葉を目にする機会がある。通常あまり良い意味では使われない。「ホロコーストはなかった」などの、荒唐無稽な主張がこう呼ばれる。

 ナチスによってユダヤ人虐殺が行われたことは歴史的真実であり、十分な証拠がある。ところが、歴史修正主義者は自らに不利な圧倒的多数の証拠は無視し、小さな争点を拡大解釈して不毛な論争を創り出す。結果、「歴史修正主義」は「歴史創作主義」といった、侮蔑的ニュアンスを帯びる言葉となった。

 いわゆる「従軍慰安婦の強制連行」は、最初は小説内の創作だった。それが反日的プロパガンダによって、いつの間にか歴史的事実として世界中に認識された。歴史の創作(捏造)がまさに完成しつつあったのだ。歴史の真実を伝える側が、逆に「歴史修正主義者」として非難されてきた。

 朝日新聞の意図的とも思える「誤報」と、その後の放置、誤報の拡散に加担した日本人弁護士、「日本たたき」の結論ありきで、真実の追究は二の次だった国連人権委員会、加えて、日本的な「事なかれ主義」で、毅然たる対応を取らなかった外務省や政府の責任は重い。

 慰安婦問題に限らず、日本の近現代史では後から創作された話が、世界では「正しい歴史」として認識されているケースが多々ある。代表例は日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」という話である。

 はっきり言うが、これは戦後占領政策の一部としてGHQ(連合国軍総司令部)が世界中に広めたプロパガンダである。慰安婦問題と同様、真実とは異なる嘘が、今や「歴史的事実」として認識されている。

 GHQの最高責任者だったダグラス・マッカーサー元帥自身が後に「日本の戦争は、安全保障(自衛)が動機だった」と米上院の特別委員会で証言したのは、彼の懺悔とも受け取れる。




 しきりに「侵略戦争」や「歴史認識」などの言葉を用いて日本を責めたてる国は、GHQのプロパガンダの恩恵を最大限に受けた国である。

 戦後、アジア諸国で唯一、驚異的なスピードで復興を果たして先進国となった「優等生」は、近所の「不良」から見れば心底妬ましい存在であり、ゆすり・タカリの格好の対象だった。

 GHQの思惑通り、罪悪感を刷り込まれた優等生は、不良にせがまれて金を払い続けた。結果、不良は少し裕福になったが、妬ましい優等生に対して感謝の気持ちなど持つはずがない。現在は優等生が過去の真実を知り、「今までよくもやってくれたな!」と言い始めることを最も恐れている。

 最初に嘘をついて、これを広めたのはGHQだから、嘘が暴かれることを、わが祖国・米国も喜びはしない。しかし、来年は戦後70年だ。そろそろ、日本は近現代の間違った歴史認識の修正を堂々と主張すべきである。今こそ反撃せよ、ニッポン!




 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行うなか、公式ブログ『ケント・ギルバートの知ってるつもり』(http://ameblo.jp/workingkent/)で、問題提起を行っている。最新刊は「不死鳥の国・ニッポン」(日新報道)。




http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n1.htm







【痛快!テキサス親父】


“テキサス版”戦後70年安倍談話、さまざまな願い込め作ってみたぜ



ハ~イ! 日本のみなさん。安倍晋三首相が今年夏に発表する「戦後70年談話」について、またも中国と韓国が「謝罪と反省」を求めて大騒ぎしているよな。ソウルで21日に開かれた日中韓外相会談でも、王毅外相が「(日本の)歴史問題は現在進行形だ」と牽制したらしい。寝言は寝ているときに言うものだぜ。

 安倍首相は、未来志向の談話発表に向けて環境を整えるため、有識者会議「21世紀構想懇談会」を設置した。俺は、安倍首相の助けになれればと思い、「テキサス親父版 安倍談話」を作ってみた。あくまで参考として、読んでくれ。



 《本日、平成27(2015)年8月15日、大東亜戦争終結より70年がたちました。われわれ日本人は、その大戦からさまざまな貴重な教訓を得ました。これらの多くの教訓を得たわが国は一貫して、今日までの70年間、平和を第一に、いかなる戦争にも関わってまいりませんでした。

 この間、私たちの愛するこの国の国民、息子たち、娘たちを世界中のどの戦争においても、失うことはありませんでした。私は、世界の国々が、私たちの例に習い、戦争のない世界を築くことを願いたいと思っております。なぜなら、この大東亜戦争に関わった多くの国々においては、大切な家族や兄弟、姉妹を失った方々がたくさんおられます。

 そして、その癒やしがたい家族の苦しみが、その戦争の後にも残り、それが原因で、さらなる争いを引き起こすことを知っているからです。私は、これからの70年も、また、その後においても、わが国が平和姿勢を貫き、そして、世界各国も、わが国のこの例を教訓にしていただきたいと思っております。ありがとうございます》

 短い文章だが、さまざまな願いを込めてみた。




 特に「貴重な教訓を得た」という部分には、特定の国が要求している「謝罪と反省」を暗に含むと同時に、「日本の貴重な教訓を学ばず継続して戦争行為を行っている国がある」とも解釈できるよな。

 70年のうちに周辺国に侵攻して領土を広げたり、軍事費を異常に増加させて世界に脅威を与えたり、他国の島を不法占拠しているような国々が、平和を維持して、世界の平和と安定に貢献してきた日本に文句をいう筋合いはないぜ。

 日本は戦後、過去を教訓にして世界に誇るべき70年を歩んできたといえる。だが、世界には自国の利益のためにこれを無視する国がある。過去に碇(いかり)を下ろしたまま、「反省しろ!」「謝罪しろ!」「賠償しろ!」と、ずっとタカリを続けている。恥ずかしくないのか。

 そういった国がある以上、日本が今後も平和主義を貫くとしても、自国と自国民を守るために、安倍首相が安全保障法制を見直すのは当然だ。「永世中立国」として国際的に承認されているスイスが、実は、強大な軍事力を持つ国家であることは、世界の常識だぜ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。世界各国が、戦後の日本を見習うことを願っている。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。著書に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)など。



http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150327/dms1503271140009-n1.htm











ありがとう






でも




大東亜戦争・・・今はまだ そう呼ぶことを許されません。






事実と真実は何れ・・・


そう遠くない未来に明かされることでしょう。


時は来たようです。





日本は、その来たるべき時より早く 


あなた方アメリカが、それを行う事を待っているのです。




それが、「自由・平等・博愛の国」アメリカへ捧げる友情の証です。




真の英雄たれ United States of America





















絶望と悲哀と寂寞とに堪え得るる勇者たれ、運命に従う者を勇者という


田山花袋





[PR]
by hinoe-e | 2015-03-29 15:15 | アメリカ