「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

今日ボクが見た風景

カテゴリ:尖閣問題( 25 )

尖閣問題で片山さつき氏ら中国メディアを論破 


事実と異なる意見にも冷静に対処







c0364699_19532894.jpg



原田氏(右)と片山氏は、中国政府発行の地図について記者会見した=24日、


日本外国特派員協会【拡大】




 沖縄県・尖閣諸島が日本固有の領土である証拠の1つ、中国政府発行の地図が、東京・有楽町の日本外国特派員協会で披露された。中国系メディアなどの外国人記者からは反発・批判する意見も聞かれたが、自民党の原田義昭衆院議員と片山さつき参院議員は、完全に打ち負かした。

 「(この地図は)尖閣諸島が日本領土という証拠だ」「中国は、尖閣への物理的な威嚇を直ちにやめるべきだ」

 原田、片山両氏は24日、日本外国特派員協会での記者会見で、こう語った。原田氏の背後には、自身が入手し、2月末の衆院予算委員会で紹介した、中国政府発行の地図があった。

 注目の地図は、日本の国土地理院にあたる中国の政府機関「中華人民共和国国家測絵総局(現・国家測絵地理信息局)」が1969年に刊行したもの。前文に「毛沢東語録」が添えられて権威付けされているうえ、日本側の「尖閣群島」「魚釣島」などの呼称が使われており、中国政府が「尖閣諸島=日本領」と認識していた物証といえる。

 69年といえば、国連の海洋調査で、尖閣周辺に石油埋蔵の可能性が報告された時期と重なる。中国や台湾が尖閣の領有権を主張し始めたのは、2年後の71年以降だ。

 ところが、外国人記者からは「米国は沖縄の施政権を日本に返したが、当時は友好関係にあった台湾の依頼に応じて主権の返還は拒否した」などと、勝手な意見や質問が飛び出した。




これについて、片山氏は「施政権は72年に日本に戻されたが、主権については52年に発効したサンフランシスコ平和条約で日本に返還されている。また、沖縄返還前のUSCAR(琉球列島米国国民政府)の文書に、領海に入った台湾漁船を『違法な外国漁船』として排除した記載がある。台湾は外国として認識されていた」と反論した。

 別の記者からは「44年に東京地裁が沖縄と台湾の漁業組合の紛争をめぐって尖閣が台湾に属するとの判決を出している。尖閣諸島は台湾にあると考えるべきではないか」という質問もあった。

 これに対し、原田氏は「地方裁判所の判決には国境を画定する権限はない」と一蹴。片山氏も「44年当時は台湾が日本領土だった。単なる国内の漁業管轄を判断したものだろう」と答えた。

 会見後、中国の記者が「この地図は証拠にならない」と、原田氏らに詰め寄る場面も見られたが、尖閣諸島が日本領であることは、さまざまな証拠に加え、歴史的にも国際法上も間違いない。

 事実をねじ曲げようとすれば、自らの矛盾が露呈するという道理を、彼らも理解すべきだろう。 


(ジャーナリスト・安積明子)




http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150327/plt1503271550001-n1.htm








尖閣諸島、「日本固有の領土」である根拠をおさらい




沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=2012年9月

c0364699_19532837.jpg





政府は尖閣諸島について「日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかであり、現にわが国はこれを有効に支配している。解決しなければならない領有権の問題はそもそも存在しない」との立場だ。


 その第1の根拠は「1885(明治18)年から日本政府が現地調査を行い、尖閣諸島が無人島であるだけでなく、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重に確認した上で、95(同28)年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行って、正式に日本の領土に編入した」(政府見解)ことだ。


 政府はこれは国際法上の「先占」にあたるとしている。先占とは「いずれの国家にも属していない地域を領有の意思をもって実効的に占有すること」で、国際法では国家が領有権を取得する方式として割譲や併合などとともに認められている。


 その後、政府は明治29年9月、尖閣で事業を展開していた実業家の古賀辰四郎氏に魚釣島など4島の30年間無償貸与を決定。辰四郎氏は尖閣諸島に移民を送り、鳥毛の採集やかつお節の製造などを行った。大正7年に辰四郎氏が死去した後は息子の善次氏が事業を継続、昭和7年には4島が有償で払い下げられた。昭和15年に善次氏が事業継続を断念し、無人島となったが、政府はこの間の事実をもって「日本の有効な支配を示すもの」としている。








1958年に中国の地図出版社が出版した『世界地図集』


(外務省ホームページより)

c0364699_19532855.jpg





c0364699_19532883.jpg








「尖閣は中国領」反日ツールに映画


 “残虐”演出、LAで上映


 【ロサンゼルス=中村将】映画を利用し反日をあおる動きが米国で表面化してきた。沖縄県の尖閣諸島を「中国に属している」とする映画「釣魚島(尖閣諸島の中国名)の真相」がロサンゼルス・ビバリーヒルズの映画館で上映された。招待客のみの1日限りの上映だったが、インターネット上で販売やレンタルを始め、中国主要メディアが反響を報じている。韓国政府も「慰安婦」映画の制作に関心を示しており、映画が新たな反日ツールになる可能性が浮上している。


 「釣魚島の真相」はロサンゼルスの映画会社「モナレックス」が制作。同社社長で、米国人のクリス・ネーベ氏が監督した。


 映画は、戦時中の映像やニュース映像を多用したドキュメンタリー風のもの。日本軍の残虐さを強調しながら、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」「性奴隷」などといった言葉を使って日本を糾弾している。


 尖閣諸島については「サンフランシスコ講和条約で不法に日本領にした」とし、「米政府は日本に対し、ただちに釣魚島を返還し戦争犯罪について中国に謝罪するよう促さなければならない」と主張している。




 今月11日に放映した映画館は「招待客約100人が鑑賞した。追加放映の予定はない」としているが、中国メディアは映画の反響を強調している。


 中国中央テレビは「映画は釣魚島が古来中国に属しているという事実を示している」とし、「観客らは放映後、『歴史に対するこれまでの理解は間違っていた。われわれは真相を知ることになった』と表明した」などと報じた。


 映画を見た米国人女性(32)は、産経新聞の取材に「何も知らずに見ると、日本は残酷で悪い国というイメージになる」と語った。


 映画で国際社会に反日を訴える戦略をめぐっては、韓国政府の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相が、慰安婦関連映画などの制作支援を強化すると表明。在米韓国関係者によると、趙氏は「映画は慰安婦の実情を知らせるのに重要な役割を果たすだろう」と話しているという。





http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140316/wor14031611020011-n1.html








中共プロパガンダ詰め合わせセット販売ですねw












中国専門家「尖閣侵攻で強さ見せつける」 


“戦争”発言に凍りついた瞬間


スイスで1月に開かれた「世界経済フォーラム年次総会」(ダボス会議)で、取材にあたった米メディア幹部がぞっとする「影響力を持つ中国人の専門家」の談話を伝えた。この専門家は「多くの中国人は尖閣諸島への侵攻で軍事的な優位を地域に見せつけ、シンボル的な島を確保することができると信じている」と語った。世界大戦の引き金になりかねない話の行方に、周辺は凍り付いたという。




「尖閣侵攻で誰が強者かを示せる」




 米ウェブニュース「ビジネスインサイダー」の共同代表、ヘンリー・ブロジェット氏が1月22日付で掲載した。


 舞台は非公開で開かれたディナー会合。各テーブルでマイクを回し、出席者は関心事について簡潔な質疑ができたという。


 記事によると、この専門家は日中間の対立の背景を安倍晋三首相の靖国神社参拝に結びつけ、「戦争犯罪者を崇拝する行為で、クレイジーだ」と非難。一方、中国が日本を攻撃することで米国と事を構える事態は好ましくないとも述べた。



 ところが驚くべきことに、「多くの中国人は、尖閣諸島への侵攻で軍事的な優位を見せつけ、このシンボル的な島を完全に支配できると信じている」と発言。尖閣諸島は限定的な侵攻で、国境紛争を引き起こすことなく支配が可能との考えを示唆したという。



さらに、尖閣侵攻は日本、中国ほか他の国々に対し、誰が強者なのかを示すシンボリックな価値があるとし、「日米の軍事的な対処で事態が大きな戦争につながっても、さほどひどいこととは思わない」という旨を述べたという。



 テーブルの出席者は静まりかえり、マイクを握った参加者の1人が「岩だけで価値を持たない島のために世界戦争を起こす可能性を認識しているのか」と質問したところ、この専門家は「理解している」と回答。尖閣諸島はシンボル的な価値があると繰り返した。




 この会合は発言者を特定させてはならない英語圏の「チャタムハウス・ルール」が適用され、発言者は「影響力を持つ中国人の専門家(プロフェッショナル)」としか記されていない。政府筋か、学識者か、あるいは経済人かなどは不明だが、こうしたディナーに招かれる以上、それなりに発言が重視される立場にある人物のようだ。



 ブロジェット氏は「誰が述べたかを伝えることはできないが、何を言われたのかは掲載してもかまわない」と記している。






南シナ海が教訓、どう対抗?



 ただ、尖閣諸島を巡る長年の中国の態度は、この専門家の発言が見事に説明している。なぜなら、小さな島に押し寄せ、暴力的に占拠することで領有権を奪取しようという中国の意図は、そのまま「シンボル的な価値」が反映しているからだ。




実際、尖閣を巡る日中の対立は、南シナ海での岩礁などの権益を巡る中国対フィリピン、中国対ベトナムなどの構図に極めてよく似ている。





 南シナ海のスプラトリー諸島では、ベトナムが実効支配している島の周辺で中国海軍の艦船がブイを投下するなど示威行動を行っている。また、フィリピンは南シナ海の岩礁(スカボロー礁)の領有権をめぐり中国と激しく対立し、中国が建造物の建築で一方的に占拠した。




 中国にとって尖閣諸島とは、南シナ海同様の暴挙を、東シナ海で行うための“標的”なのだろう。




 中国の暴力への対抗策はあるのか。フィリピンは政治的ジェスチャーで、ひとつの解答を出している。2013年1月、国連海洋法条約に基づき仲裁裁判所に提訴。結論までには数年を要するかもしれないが、国際社会に対するアピールを徐々に実現している。




 米ニューヨーク・タイムズは2月4日付で、フィリピンのアキノ大統領とのインタビューを掲載。




アキノ大統領は中国を第二次世界大戦前にチェコスロバキアを侵攻したナチスになぞらえて批判し、「世界はそろそろ中国に対し、『もうたくさんだ』と言うべき時が来たと思う」と国際世論の協力を求めた。




 東シナ海は明日の南シナ海になるかもしれない。政府の断固たる対応は当然なのだが、今や東南アジア全体で中国に対抗するべき時を迎えたのではないか。


(平岡康彦)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140220/wor14022008000000-n1.html








「世界はそろそろ中国に対し、


『もうたくさんだ』と言うべき時が来たと思う」


[PR]
by hinoe-e | 2015-03-28 00:06 | 尖閣問題




【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は17日の記者会見で、日本外務省が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「尖閣群島」などと日本側の呼称で表記した中国政府発行の地図を公開したことに対し、「釣魚島が中国に属するのは否定できない事実だ。1、2枚の地図を探し出したところで覆せるものではない」と反論した。

洪副局長は中国側の領有権主張が「十分な歴史と法理に基づいている」と強調。「必要ならば、釣魚島が中国に属していることを示す地図を100枚でも1000枚でも探し出せる」と強弁した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000121-jij-cn








「必要ならば、釣魚島が中国に属していることを示す地図を


100枚でも1000枚でも探し出せる」


捜してから言えよww












地図が1000枚あるアル







こういう恥も外聞もない強弁を平気で言ってのける!
そこにシビれる!憧れ(ry










よほど都合が悪いようだなwww










嘘を隠すためにまた嘘をつく。
中共や朝鮮人ってその繰り返しだよね。
結局、国がなくなるまでそれを続けていくのかな
そして新たな国ができればまた繰り返す
どうしようもない宿痾だね







今作ってるところだぐらい言えばいいのに










今から地図作るのか










まるで韓国










前記事


【尖閣問題】中国地図に「尖閣」日本語名 外務省がHPに掲載














岸田外相は本日の記者会見で中国側の尖閣諸島地図に関する質問に答えました。

【TBS 深井記者】昨日,外務省のホームページに「尖閣群島」と中国側が示していた地図を掲載されましたけれども,改めましてこの狙いについてお聞かせいただけますでしょうか。

【岸田外務大臣】1950年代,および60年代には尖閣諸島が日本の領土であることを前提として作成された中国側の資料があるということ,これは確認をされています。
日本政府としては,それらの資料を既に外務省のホームページに掲載する等,尖閣諸島に関する国際的な情報発信する上で積極的に活動してきております。
 ご指摘の資料についても,尖閣諸島が日本の領土であることを前提として
作成されたものであると考えられ,外務省としては中国側によるこの独自の主張には全く根拠がないことを示す観点から,尖閣諸島に関するホームページ上の資料を改訂し,昨日この新たな資料をホームページに掲載したという次第です。

【香港フェニックスTV 李記者】中国海洋局は,尖閣諸島については中国が最も早く発見をし,命名をしたと言っていますけれども,今回の日本側の発表は特に新しいことはないというように言っていますが,いかがですか。

【岸田外務大臣】今回,新たに掲載した地図において中国が使用していない尖閣諸島という名称が用いられていること自体が現在の中国の主張が矛盾していることを示していると考えています。
 中国は,尖閣諸島が古くから自国の領土であったとの根拠のない主張を行っていますが,そうした主張の中で尖閣諸島という名称は用いられていないというように承知をしております。

全文は外務省で
岸田外務大臣会見記録
(平成27年3月17日(火曜日)8時42分 於:官邸エントランスホール)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000197.html


関連スレ
【尖閣問題】中国地図に「尖閣」日本語名 外務省がHPに掲載
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1426508825/l50







日本もいうようになったなあ…

ていうか、中韓がはしゃぎすぎたからこうなったんだ。
中国はちょっと気付いているようだけど。






岸田さんって、弱気そうな外見だから意外だな。





おとなしそうな人が突っ張り出すと強いぞw









支那は認める気が全く無いんだから、


身動き出来なくなるまで叩きのめすしかない






黄河文明を築いた偉大な人種はもう居ないってこったろ
ただの土人の集団に成り下がっちまった。






江沢民の反日狂育の成果が今の中国の有り様
経済発展はしたけど民衆に政治的な自由はなく
中国流の軍国主義ばかりが蔓延ってる














[PR]
by hinoe-e | 2015-03-18 02:31 | 尖閣問題

沖縄県の尖閣諸島を「尖閣群島」などと日本語名で表記した中国政府発行の地図が見つかり、外務省は尖閣諸島が日本固有の領土であることを裏付ける新たな証拠だとして、ホームページに掲載しました。


外務省によりますと、この地図は日本の国土地理院に当たる当時の中国の「国家測絵総局」が1969年に発行したもので、沖縄県の尖閣諸島を、


中国政府が現在使っている「釣魚群島」や「釣魚島」という表記ではなく、


「尖閣群島」や「魚釣島」などと日本語名で表記しています。



この地図は、先月23日の衆議院予算委員会で


自民党の原田義昭衆議院議員が存在を指摘し、岸田外務大臣が
「貴重な資料だ」と評価し、外務省が公開を検討していました。



尖閣諸島を巡って、中国政府は周辺海域に石油などの


天然資源がある可能性が指摘されたあとの1970年代から
領有権を主張し始めています。

(つづきはソースで)NHKニュース: 3月16日 19時23分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150316/k10010017321000.html









黙殺するか事実を無視した反論か
どっちだろうねw










さあ、証拠無しのクチだけ攻撃が始まります










中国は既に散々騒いじゃってるけど、どうするのかね?
いきなりだんまりを決め込むのかね?
それをやると中国のネット利用者になにが事実なのかを


悟らせるようなものだけどね。

ただ、抗議すると毛沢東を否定する事になるんだけどね。
中国共産党的にはそれはどうなんだろうね?







★毛沢東が「尖閣=日本領」にお墨付き 


これが決定的な新物証「中国製地図」だ
2015/3/ 6 18:30

やっぱり中国も、尖閣諸島が日本のものだと認識していた——


その決定的な「物証」といえる地図が発掘された。
「さすがに中国も、ここまで(はっきりした物証が)ありながら


『尖閣はうちの領土だ』と言うわけにはいかんだろう——と思いますね」J-CASTニュース記者に対して、自民党の原田義昭衆院議員は熱のこもった口調で断言する。

・海洋資源発見された「1969年」刊行
この地図は、1969年に中国で刊行されたものだ。


作成したのは「中華人民共和国国家測絵総局


(現・国家測絵地理信息局)」。
国土資源部に属し、測量などを司る政府機関だ。


巻頭には毛沢東国家主席(当時)の言葉も掲載されており、


れっきとした「公式地図」と言っていい。

ここにははっきりと、「尖閣群島(諸島)」「魚釣島」などの表記がある。いずれも中国側が主張する「釣魚島」などではなく、


日本式の呼び方だ。すなわち1969年時点で中国が、


尖閣諸島=日本領だと認識していたことの物証と言える。



これまでも同様の物証は複数見つかっているが、


今回の地図は「公式」のものであるとともに、
尖閣諸島海域で海洋資源が発見された1968~69年と同時期のも


のである点で、重要だと原田議員は強調する。
海洋資源の存在が広く知られる直前まで


「尖閣=日本領」だと認めていたのだとすれば、
その後の領有権主張が「資源目当て」だという、


日本側の立場が裏付けられるからだ。

・「国際的に理解求めるべき」
この地図を入手した原田議員は2月23日、衆議院予算委員会で公開するとともに、安倍晋三首相、岸田文雄外相らに、
中国側による尖閣海域侵入への対応を迫った。3月5日、J-CASTニュースのネット番組「テラポリ」でも、
中国との「直談判」も辞さない意志を露わにした。
「私も国会議員として、この地図を携えて中国大使館や、場合によっては中国本土の政府に行ってもいい。
2006年には秘書と2人だけで北京に赴き、靖国問題について政治家たちと議論してきたこともある。
正しいエビデンス(物証)があるからには、いささかも恐れることなく訴えていきたい」

また中国に対してのみならず、この地図を活用し、広く国際的に日本の主張への理解を求めるべき、だと戦略を語る。
すでに現在、外務省ウェブサイトにこの地図を掲載することが検討されているという。





発見された、1969年刊行の中国製地図



(中華人民共和国国家測絵総局作成、原田義昭衆院議員提供)。
「尖閣群島」「魚釣島」の表記が確認できる



c0364699_19535285.jpg




http://www.j-cast.com/2015/03/06229710.html?p=all











これ、よく外務省が出したよな
今までだったら中国のご機嫌をうかがって


出さなかった物じゃないの?









【尖閣問題】中国公船が領海侵入 


「釣魚島は中国固有の領土だ」と応答 尖閣周辺



 16日午前10時ごろ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本の領海に中国海警局の船3隻が相次いで侵入した。
海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船による尖閣周辺の領海侵入は2月27日以来で、今年に入り7日目。

 政府は首相官邸の情報連絡室を官邸対策室に格上げした。

第11管区海上保安本部(那覇)によると3隻は海警2102、海警2306、


海警2350。領海から出るよう巡視船が警告すると、


日本語と中国語で「釣魚島(尖閣諸島の中国名)と付属の島々は古来、中国固有の領土だと応答があった。




産経ニュース: 2015.3.16 12:09
http://www.sankei.com/affairs/news/150316/afr1503160014-n1.html






尖閣諸島って書かれた中華人民共和国の昔の地図が発見されましたが?w。
尖閣っていう島は中国にはありませんでしたよねwww。



[PR]
by hinoe-e | 2015-03-17 01:06 | 尖閣問題


【神奈川新聞】


「たかが尖閣問題で日中友好が無駄になる事はない。


多くの中国人は平和を願っている」





沖縄・尖閣諸島に上陸した香港の活動家が逮捕され、中国各地で日本への抗議デモが繰り広げられた
2012年8月18日。桜の木々が濃い緑をたたえる中国・北京中心部の玉淵潭(ぎょくえんだん)公園に
瀬在丸(せざいまる)孝昭(83)=横浜市港南区=の姿があった。

「日本人にとって桜は平和の象徴。桜を愛する両国民に争いがないことを願っています」

桜は瀬在丸が苗木を贈り、中国の庭師が育ててきたものだった。

「30年近く草の根交流を続けてきた。領土よりも日中友好が大切だと考えている人は中国にたくさんいる。
たかが政治の問題で、私の長年の思いが無駄になることはない」

穏やかな口調で、しかし「たかが」の一言に自負をのぞかせる瀬在丸が折に触れ、披露するエピソードがある。

「私の命は一人の老人に助けられたのです」

1931年、日本が中国侵略に踏み出した満州事変があったその年、満州(中国東北部)で生まれた。
迎えた敗戦。自宅に現れたソ連兵に銃を突き付けられ、奉天(現瀋陽)まで列車で連れて行かれた。
抑留され、家族と離れ離れになった。当時14歳。

ほどなくソ連軍が撤退して解放されたが、見知らぬ町で家も金もない。同じ年頃の仲間2人と空き家に住みつき、
入れ替わって進軍してきた中国共産党八路軍の荷物を列車に積み込む仕事にありつき、わずかなお金をもらっていた。

ある日、老人に声を掛けられた。銃を持っていた。八路軍の幹部と思われた。

「家族の元に帰りたいだろう。明日朝においで。列車に乗せてあげる」

優しい笑顔が記憶に刻まれた。
その後も中国の人たちに助けられた。食材を譲ってもらい、日本に帰国する船があると教えてもらった。

いま、領土や歴史認識の問題をめぐり両国の溝が深まっている。

「自分を助けてくれた人たちのように、多くの中国人は平和を願っている。
日本と中国が争っても双方が傷つくだけだ。仲良くすればともに利益となる。
だから友好こそが、ただ一つの正しい道だ」

だが、政治の思惑に翻弄(ほんろう)されるかのように一部の人々は非難の応酬を繰り返す。

「歴史が語られていない。優しい中国人がいたこと、その優しさに助けられた日本人がいたこと。
あの老人の話を日本人にも、中国人にも語っていきたい」

http://www.kanaloco.jp/article/76689/cms_id/98201













>たかが尖閣問題で日中友好が無駄になる事はない。

「たかが」じゃないだろ












たかが?さすがに神奈川新聞。












キチガイ新聞。










ああ、神奈川新聞だな












最近の神奈川新聞は沖縄タイムスや琉球新報なみだねえ
まあ、さすがは安保の牙城のひとつだった神奈川大学のあったところか














たかが地方新聞が外交を紙面で論じるな!ブログで十分
















シナ人は自分の平和を願ってんのね、そりゃ良かった
これで終わる話じゃん



自分の平和だけを願ってるから何だっての?














自分のとこの子供が全力で石ぶつけられてるのに、親同士の友好とかないから










[PR]
by hinoe-e | 2014-08-28 02:03 | 尖閣問題

【WSJ】中国の日本専門家




「日清戦争での下関条約は不平等条約ではなかった。


現代の日本人も中国人も互いに悪意を持っていない。


尖閣問題は棚上げにすべき」





ウォール・ストリート・ジャーナルは中国社会科学院の日本専門家、馬勇氏に
日清戦争と日中関係への影響、中国の改革努力について聞いた。インタビュー要旨は以下の通り。

——日清戦争は中国にとって大きな後退だった。巨額の賠償金を請求され、領土の多くを失った。
中国にとって、この戦争結果をどう特徴付けるか。

 日清戦争という混乱がなければ、中国は「洋務運動」の路線を継続していただろう
(これは1861年に始まった改革運動で、当初は軍事工業化が目的だったが、後に別の目標が付け足された)。
立憲君主制を打ち立てるために段階的に西洋の軍事技術や武器装備を吸収していった。
この「西洋から学ぶ」という動きが破壊された。中国は体系的な改革への道を進んでいたが、
日清戦争がこれを台無しにした。この戦争以降、中国ではナショナリズムが勢いを増していった。

——戦争は避けられなかったのか。

 強硬派がいなければ戦争に突入することはなかっただろう。この戦争が起こったのは、
当時の(限定された)中国の国力を理解していない勢力がいたからだ。強硬派は日本に強い態度を取ることを主張。
李鴻章(改革派の中心人物で講和会議の全権大使)は当時、戦争に反対していた。同氏は中国の限界を理解していたのだ。

——戦争を終結させた下関条約をどう評価するか。「不平等条約」だったか。

 不平等条約ではなかった。日清両国とも代表を派遣して交渉のテーブルに着かせた。
「不平等条約」と言われるようになったのはもっと後のことで、
改革やナショナリズムを掲げる活動家の圧力がこうした考えを生み出した。



台湾の割譲は大きな痛手であり、現在まで続く重大問題だ。
中国は現実的な(領土)損失を被っただけでなく、状況を非常に複雑にしてしまった。
日清戦争がなければ、台湾の独立機運は現在のような流れに発展していなかっただろう。

——日本との関係に対する影響は。

 中国は自分が先生で日本は生徒だと見なしていた。英国やフランスとの戦争に敗れることは認められても、日本に敗れることは認められなかった。

——現在の日中関係をどう見るか。両国は釣魚島(尖閣諸島の中国名)をめぐる新たな緊張の火種を抱えている。これがどう展開すると思うか。

民間レベルの関係を見ると何の問題もない。日本人は中国に憎しみを抱いていないし、日本を訪れる中国人は(非常に多く)いる。
(日本が中国に侵攻し、占領した)第2次世界大戦当時と状況は全く異なる。日中間に反目はあるが、これらは過激派から出ているもので主流ではない。

日本と中国は歴史の新たなページを開くべきだ。日中関係の長い歴史の中で、釣魚島は非常に小さな問題にすぎない。
とりあえずこの問題は脇に置き、次の世代から問題解決の知恵を借りるべきだ。

——安倍晋三首相による日本の軍事力強化の動きをどう思うか。

 安倍首相が行っていることは、日本の普通の国にしようとする努力だ。
中国は(第2次大戦の)戦勝国として日本を支援する責任を負っている。
日本は長年にわたって軍事力を抑制し、制度改革を重ねており、戦争を開始するはずがない。
日本国民の間では反戦機運が非常に強く残っている。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304180804580064963762215720










ああ、この「棚上げするべき」てのはシナに向けていってるのか





だが断る









尖閣諸島は日本の領土領海であり棚上げする必要は全く無い。
話し合いに応じる必要も無い。







最後はやっぱり棚上げ論w








棚上げしておいて、十分対策とって何度も侵略してくるんでしょ。







c0364699_19520364.jpg







正解w








民間レベルの関係を見ると何の問題もない。


日本人は中国に憎しみを抱いていないし、


日本を訪れる中国人は(非常に多く)いる。






池袋が7月末まで警察の特別警戒区域に、職務質問の対象は在日中国人 =無法地帯化を阻止
 








中国人は(非常に多く)民間レベルで問題視されていますし





日本人は中国に憎しみまでは抱いていないにせよ


できるだけ距離を置きたいと心底思っています









[PR]
by hinoe-e | 2014-08-02 05:43 | 尖閣問題

2014年7月24日、BBC中国語版サイトは記事「日本政府が外交文書を一般公開、尖閣諸島関連交渉の内幕明かす」を掲載した。

日本外務省は24日、1960年代から70年代にかけての外交文書86冊を公開した。中国の国連代表権問題や尖閣諸島をめぐる台湾との交渉などが含まれている。

中国、台湾関連で注目されるのが1964年1月の大平正芳外相と米国務長官の会談だ。大平外相は、最も嫌いな共産主義国は旧ソ連だが中国はそれほどイヤではない、日米は将来的に共産党政権を承認しなければならなくなるだろうと発言していた。この発言から8年後の1972年に日中国交正常化が実現することになる。

また、尖閣諸島問題では1970年代初頭、日本は台湾側に日本人を挑発しないよう要求していた。その際のカードとして持ち出されたのが国連代表権問題。中華民国(台湾)と中華人民共和国(中国本土)のどちらが代表権を持つかという争いで日本側は台湾を支援すると約束した。台湾側も日本の支持に感謝し、尖閣問題をなるべく沈静化させると答えている。(翻訳・編集/KT)




http://www.recordchina.

co.jp/group.php?groupid=91699


















[PR]
by hinoe-e | 2014-07-31 00:47 | 尖閣問題

中国新聞網は29日、台湾の李登輝氏がこのほど英BBC(中国語電子版)の単独インタビューに答え、
改めて「釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)は日本の領土だ」と述べたと報じた。
「李氏はこれまで何度も日本に媚びた発言で批判を受けてきた」と指摘している。

報道によると、インタビューで李氏は「台湾と日本の釣魚島をめぐる争いには漁業権の問題しかなく、
領土問題は存在しない。日本政府は早くから台湾州政府に対して琉球島の日本漁民の管理を委託していた」と指摘した。
李氏はまた、「日本は明治6年には釣魚島を占領し、国際法上の承認を受けていた」とも述べた。

一方、日本が集団的自衛権の行使容認に向けて憲法解釈を変更したことについては、
「米国は安心しただろう。集団的自衛権は米国と日本の安保条約行使にとって非常に重要だ」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000038-xinhua-cn










冷静な分析だと思うが?
むしろあの高齢で明晰な判断は凄いわ







李登輝さん応援age!

日本李登輝友の会
http://www.ritouki.jp/


[PR]
by hinoe-e | 2014-07-30 04:31 | 尖閣問題

来春から使われる日本の小学校教科書に沖縄県の尖閣諸島が「日本固有の領土」と
記載された。

これに対して支那外務省の洪磊 副報道局長は「日本は挑発を辞めるよう要求する」
と反発した。

洪副局長の主張についてはソースをご覧下さい。

ソース
読売新聞=2014年04月04日 18時55分
日本は挑発やめよ…尖閣「領土」明記に中国
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140404-OYT1T50150.html


関連スレ
【教科書】教科書検定、全社で竹島・尖閣を明記、「日本固有の領土」
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1396602404/









地球防衛軍がバルタン星人に「地球は地球人の物だ」といったら、


「地球人は我々バルタン星人を挑発しているのか?」と言われているのと同じか。







なんと的確な例え









ガースーも言ってたけど、日本は事実を教科書に載せただけ
挑発と受け取ってんのはそっちの都合だろ
こっちは事実を書いてるだけに過ぎない









北方領土主張してるんだから
竹島と尖閣も主張すべきですよねー
あと尖閣の領土主張する権利があるのは
中共じゃなくて、中華民国です。








侵略したい領土を、自国の領土と宣伝する中国共産党








中国はこれだけ侵略してます。


マスコミや教科書が教えない!中国に侵略された民族・滅ぼされた国々

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/783.html


http://open2ch.net/p/news4plus-1396617221-8.png














挑発とかw
別に北京は日本のものとか言った訳でもあるまいに。








[PR]
by hinoe-e | 2014-04-05 15:55 | 尖閣問題

◆【中国防空識別圏】 米軍爆撃機2機が飛行 事前通報なし 中国スクランブルなし

米国防総省によると、米軍のB52爆撃機2機が日本時間26日(米東部時間25日夜)、
中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏内を事前通報なしに飛行した。
中国側から2機に対する呼びかけや戦闘機の緊急発進(スクランブル)はなかった。

2機はグアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、防空識別圏内に入った。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の上空周辺を飛行し、圏内での飛行時間は1時間未満。
爆弾などは搭載しておらず、護衛機も伴っていなかった。

爆撃機はその後、アンダーセン基地に帰還した。
国防総省は以前から予定されていた飛行訓練としている。

米政府はこれまで、(1)防空識別圏を認めない(2)飛行経路の事前通報や無線の開放など、
中国が要求する措置には応じない(3)米国の軍事作戦遂行に一切変更はない−との立場を
明確にしている。

爆撃機の飛行は、こうした米国の姿勢と日米同盟の強固さを誇示する明確な示威行動であり、
中国を強く牽制するものだ。
同時に米軍機が防空識別圏に侵入し飛行した際の中国側の出方を探る狙いもある。

写真:米空軍のB52戦略爆撃機
http://sankei.jp.msn.com/images/news/131127/amr13112709030000-p1.jpg


MSN産経ニュース 2013年11月27日09:02
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131127/amr13112709030000-n1.htm











( `ハ´)・・・





ダンマリですか






面子を重んじる中国人赤っ恥!!






メンツが潰れたとかいうレベルじゃないね、

この後の落とし所まで銀河の彼方に吹っ飛んだ


これで自衛隊機や民間機にだけ脅しを掛ければ恥の上塗りだし、
さりとてだんまりなままでは大風呂敷を広げた後始末ができない・・・さて、どうするw







8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/11/27(水) 11:38:22.14 ID:mmwlHV4s

虎の威を借る日本
恥を知れ!






日本の掲示板を借りるなよ







当初から予定されていた飛行訓練



米軍の通常の訓練行動になんで日本が恥なの?








アメリカ怒りの通常訓練に金ぺ~脱糞








自分から喧嘩売っておきながら手も足も出せないとかダサすぎ







まぁ中国は無防備な丸腰の相手しか戦えないしな






弱ってるフィリピンに嫌がらせしたりしてな











口だけ番長wwwwwwwwwwww






口だけ番長なんじゃないよ。
アメリカは怖いっていうこと。日本だったら怖くない。
核武装の有無って、こういうことなんだよね。
日本が舐められてるだけよ。





少なくとも防空識別圏に多国の軍機が侵入してくるって事は
「怖い」「怖くない」ってのに左右されずにスクランブルをかける事案だよ。



それが何もできないなら「口だけ番長」って言われて当然。

まぁ、中国もアメリカが早期に判断して訓練を行うとは思ってなかったのかもしれないが。









43 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
:2013/11/27(水) 11:44:55.05 ID:6Avrc9/a

事前通報しないでこそこそ飛ばすとか、格好わるい
事前に分かってれば中国はスクランブルしたはず






その理屈はおかしい





前もって知ってたらスクランブルじゃないからwww











アメリカ△




c0364699_19455112.jpg






しかしアメリカすげえな
即飛行だもんな
やっぱさすがに実戦経験豊富なだけあんな

平和平和じゃやっぱ自分の土地守れないわなあ




c0364699_19455161.jpg





行動力もスゴいが、
タイミング、飛ばした機種
米の判断力に脱帽





c0364699_19455137.jpg







沖縄民だが朝から米軍機が煩いのはこーいうことだったのか






次は自衛隊機もおちょくりに参加すべきだなw








B-52は非武装だったんだってなwww






今回の非武装ってのは戦闘機を随伴してないってとこが味噌なんだよ




c0364699_19455105.jpg





c0364699_19455287.jpg



アメリカ 「 Is there anything wrong? 」 





34. <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/27(水) 11:43 ID:G9y5UE0O

アメリカ国民が言うなら分かるけど、
なんでお前ら糞日本人が喜んでんの?
アメリカの力借りなきゃなにも出来ない糞日本人が





別に喜んでないよ

しいて言えば、バカな中国人を嘲笑ってるだけ







また振り上げた拳が自分に落ちてきちゃった。
レアアースで痛い目にあったろうに。













羅少将の威勢の良いお言葉はまだかね?






察知できなかったことにするか審議中だぬ(´・ω・`)







はい、きますた。







米軍のB52が中国の防空識別圏を飛行→


中国「全過程を適切にモニターしていた。」





26日に東シナ海の防空識別圏において


米国の2のB-52爆撃機が飛行した件について



中国国防省のコウ・ヤンシェン広報官は



「中国軍は米国の航空機を確認し、全過程を適切にモニターしていた。」



と述べた。

米国の爆撃機は防空識別圏の東側、
釣魚台の約200キロ東の空域を23時00分から


翌01時22分まで南北方向に飛行したといいます。

広報官は東シナ海における防空を強調し、
「中国はその空域を効果的に制御できる能力がある。」と述べました。


http://udn.com/NEWS/BREAKINGNEWS/BREAKINGNEWS5/8323009.shtml






ちょwwww
なにこれww

泥棒が家に入ってくるの見てたレベルww




  | ∧::::::::::::::::::::::::
  | 中\::::::::::::::::::
  |`ハ´):::::・・・・・・。
  ⊂::::ノ::::::::::::
  |::y::::::::::::
  |:::)::::::          /⌒ヽ
  |:::::::    ⊂二二二( ^ω^)二⊃     
              | B52 /       ブーン
               ( ヽノ
               ノ>ノ
           三  レレ              /⌒ヽ
                       ⊂二二二( ^ω^)二⊃
                             | B52 /       ブーン
                             ( ヽノ
                              ノ>ノ
                          三  レレ







見つめるだけの簡単なお仕事です






日本野鳥の会ですか?





[PR]
by hinoe-e | 2013-11-27 14:49 | 尖閣問題





ソース(日本経済新聞、2013年11月26日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV26001_W3A121C1000000/


 東シナ海の無人の島々を巡る日中間の領土紛争がさらに危険な状況に陥っている。


中国政府は先週末、尖閣諸島(中国名・釣魚島) を含む東シナ海上空に「防空識別圏」を設定。


日本政府への圧力を徐々に強める戦略を一歩進めた。

 中国政府によると、防空識別圏に入る航空機は事前に飛行計画を伝える必要があり、


通告が無い場合には「防御的な緊急措置」を 講じるという。尖閣諸島上空は日本の防空識別圏にも属し、


自衛隊機が定期的に巡回・監視していることを考えれば、中国政府の今回の動きにより


偶発的または故意による衝突の可能性が高まるのは明らかだ。




写真=10月3日、日米安全保障協議委員会(2プラス2)で文書を交わす


ケリー米国務長官(中央左)と岸田文雄外相。
見守るヘーゲル国防長官(左)と小野寺五典防衛相=代表撮影
http://www.nikkei.com/content/pic/20131126/96958A9C93819584E0E4E2E2E38DE0E4E3E3E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6314601026112013000001-PB1-7.jpg





 日本が実効支配する尖閣諸島を巡る紛争をたどると、


中国が「戦争で日本に盗まれた」と主張する19世紀末に遡る。


日本政府は無人島であることを確認した上で1895年に合法的に領土に組み込んだと反論するが、


中国側も古代から自国の固有領土で、第2次世界大戦後に返還されるべきだったと譲らない。


中国政府は「領土問題は存在する」と日本側に認めさせたがっているが、日本政府はこれをはねつけている。




■威嚇で打破しようとする中国

 主張の是非はともかく、中国政府の行動は愚かだ。


尖閣諸島は米国が1945~72年に沖縄県の一部として支配していた時期を除いても、


100年以上にわたり日本の実効支配下にある。これに対し、中国は威嚇行為で現状を打破しようとしている。



尖閣諸島は潜水艦の重要航路に位置するため、支配下に置けば潜水艦の行動範囲を広げられるという


中国海軍の野心を実現できるだけでなく、歴史的報復も果たせる。


ただし、尖閣諸島は日米安全保障条約で米国の防衛義務の対象となるため、


事態がエスカレートすれば
危険は倍増する。


 中国政府が国際法に照らしても自らの主張は正しいと確信できるのなら、


国際仲裁機関への提訴を目指すべきだ。日本政府は提訴に同意しないだろうが、


同じように自らの正当性を主張する立場から、中国政府が判決に従うという保証があれば


国際仲裁に応じるかもしれない。



それはさておき、日中両国は問題の解決を将来の世代の知恵に任せて棚上げし、


以前の状態に戻すよう努めなくてはならない。



その上で、漁業権や石油探査権など天然資源の共同管理を目指すべきだ。

 一方で、中国政府の狙いは別にあるのではないかとの疑念も生じる。


尖閣諸島を日米同盟に亀裂を生じさせる手段と捉えているというのだ。だとすれば、


それは無責任なゲームでしかない。

(終わり)









御宅のお国は他国から君が実効支配してるその島うちの領土だから!
って言われたらこういう対応して仲良くわけわけするんですかね?





アルゼンチンとフォークランド諸島を共同管理したらどうだ。






そうだね。
つい、最近もアルゼンチン国内でイギリスから領土を取り返せという声が出てきているしね。






今、一番イギリスにとって頭痛いのはジブラルタルな件
スペインともう300年やりあっているが・・・
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385476235/l50







イギリスが領有権は主張しアルゼンチンが仕掛けた戦争にも勝ったからね
騒いでるのはアルゼンチンだけの状態






尖閣も騒いでるのは支那だけだがな。


国際的にも日本の領土として確定してるのにチンピラ支那畜が言いがかりを付けてるだけだろう。
共同管理なんてあり得んだろう。









棚上げしろってのが中国の言い分だってことすらわかってない記事だな







>日中両国は問題の解決を将来の世代の知恵に任せて棚上げし、以前の状態に戻すよう
>努めなくてはならない。その上で、漁業権や石油探査権など天然資源の共同管理を目指すべきだ。

 主張の是非はともかく、「棚上げししろ」だの「資源の共同管理を目指せ」だのと、ふざけてるのか?
中国の主張などヤクザにも等しい言いがかりなのに、なぜそこまで日本が譲歩せならんのだ。







何なのこの記事?
毛沢東が尖閣を日本領土と認めていたこととか何も触れられてないじゃん
もっと勉強してから記事書けよ







棚上げだの共同管理だの何言ってくれてんの







ほらな
海外メディアで日本の立場を理解してくれるところなんてない
中国の影響力が強すぎるんだよ











今回の中国は国際的に一方的な非難を浴びただけだな
自ら危ない国というのを知らしめてくれてよかった







記事読んだのか?


中国の思惑通りになってるじゃねーか
棚上げ、共同管理で国際世論が出来たら完全に敗北だ








元はと言えば、石原が都知事の頃買う買わない騒ぎだしたのが事の発端
放っておけば良かった物を眠れる獅子を起こしてしまった





石原がー石原がー日本の領土を日本の領土と言ってなにが悪いんだ
なにが眠れる獅子だよただの蝿の王だろ





事の経緯を分かっているのか?

放置できなくなって来たから、尖閣を国有化したんだろーが、どアホ





共同管理に持ち込みたくて準備しまくってたのを石原の宣言が潰したんだわな。
日本の政界、メディアの中国シンパがみな棚上げと共同管理の論旨で発言してる。











英語も満足に翻訳できない日経がまた他紙ソースで何か言ってるぞ










>応じるかもしれない。それはさておき、日中両国は問題の解決を将来の世代の知恵に任せて棚上げし、


以前の状態に戻すよう努めなくてはならない。


その上で、漁業権や石油探査権など天然資源の共同管理を目指すべきだ。




どこかで聞いたことのあるような







イギリスは移民国家だから、
中国系イギリス人が書いているのかも知れない・・・






文章みただけで、中国人が書いたとわかるなw
第三者の書く表現じゃない








これは形を変えた反日記事だよ
日本の立場を完全否定している









アメメディアでは、アメリカが日本の領土だと認めればいい

といいだすものも出てきたからな

英チャイナメディアもそうそう日本非難ばかりもできなくて、へたれ案を必死にいってるわけ









英国メディアって中国に買収されてるよな

まぁ権利色々売ったからただの脱け殻状態か







「まぁまぁどちらも落ち着いて」とか「どちらも悪い」とか
言う連中は信用しないほうがいい。

圧倒的に日本に理があるのだから。
そこははっきり言わなければいかんよ。少なくとも客観性が要求される報道機関は。


[PR]
by hinoe-e | 2013-11-27 03:02 | 尖閣問題