ブログトップ

今日ボクが見た風景

ソース 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015031102000156.html


人間のすることとは思えない行為を、さも平然と行う。


中東や北アフリカでの過激派組織の蛮行は冷酷非道、
無慈悲といった言葉しか見つからない。


 しかし、この一見平和に思える日本においても、忍び寄る不気味な不安を感じる。軍靴の音が近づいてくるような、 暗い時代に向かっていく恐怖である。




その正体は無論、現政権がつくり出す危うい雰囲気による。



 「決めるのは私だ」「この道しかない」などと異論を許さず、道理や機微が通じない。狡猾(こうかつ)で専制的。


首相は昨年十一月の衆院解散を消費税増税先送りを問うためと言った。アベノミクスが争点とも強調した。



なのに選挙の大勝が判明した途端、安保法制を含む政策全般が


「国民の信を得た」と言ってのけた。



 そんな詭弁(きべん)は子どもの教育に悪いからやめてほしいが


本人は本気のようだから恐ろしい。



一内閣の判断で戦争への道を暴走しているかのごとくだ。



このままでは国防軍になった自衛隊が他国や武装勢力と戦火を交え、 血が流れる。若者らに犠牲が出る。過激派の憎悪を煽(あお)り、日本が、国民がテロの標的になる。



 3・11から四年。「汚染水はアンダーコントロール」と東京五輪招致活動で国際社会に大うそをついてからも一年半。
事態は改善しないのに原発再稼働、原発セールスである。


息苦しさの中で戯(ざ)れ言が聞こえた。
「不安倍増」、略して「安倍」だと−。 (久原穏)









東京新聞


「在日の声ばっかり聞いてるからなんすけどね」





東京新聞

「十年前の「悪夢」再び…仏反テロ行進に参加しなかった安倍首相、「地球儀を俯瞰しない外交」、外交オンチぶりを露呈 」

数日後

「反イスラムテロのため2億ドルの人道支援を約束した安倍首相が人質殺害の危機を招いた、外交オンチぶりを露呈 」



咳をしても外交オンチ






(´・ω・`)いまだに支持率異例の高さを誇ってますが?
詭弁をやめろね、、、
お前だよトンキン新聞





この記事書いた記者は幻聴聞こえるほど精神病んでるのか?
この新聞社はかなりのブラック企業、いやレッド企業か






また軍足の音か
俺には中国の方から大砲の音が聞こえるが?






自国民が二人も犯罪者団体に拘束されて


2、3日以内にも殺されるかも知れないというときに、


自国の政府批判をして足を引っ張っている馬鹿チョン新聞。

自民党は東北大震災のときにカン直人の朝鮮人からの献金疑惑を棚上げして 災害対策に協力した。




世界中どこの国でもこういう緊急時には、すべての問題を後回しにして


自国民救出のために協力するんだよ。



ひょっとしてこの記事を書いた馬鹿は朝鮮人なのかw









東京新聞政治部長 高田昌也(岡田昌也)は


ジャスコ岡田家三男=ミンス岡田の実弟
つまり、そういうカラクリなわけだ







『安心倍増、略して安倍』とも言えてしまうんだが。








座布団










久原穏 おまえはこれでアジテーターとしては致命傷なんだよ。




十年前の「悪夢」再び…仏反テロ行進に参加しなかった安倍首相、「地球儀を俯瞰しない外交」、外交オンチぶりを露呈



十年前の「悪夢」が頭に蘇(よみがえ)った。ローマ法王ヨハネ・パウロ二世の葬儀を、パリ支局からバチカンに出張取材した時のことだ。

 元法王は東欧の民主化を支援し、ソ連崩壊−冷戦終結の「陰の功労者」といわれた。カトリック教会という一宗教の指導者を超えた存在で あり世界平和に偉大な足跡を残した。

 葬儀には百カ国以上の大統領や王族らが顔をそろえた。イラク戦争をめぐり法王の制止を振り切って開戦したブッシュ米大統領は、
どの要人よりも先に駆けつけ、法王の遺体の前に跪(ひざまず)いたほどである。大国で元首級が出席しなかったのはバチカンと反目した
ロシアと中国の「共産国」、そして日本だけだった。

 歴代三人の大統領が出席した米国とは対照的に、バチカンの影響力を理解していない外交オンチぶりを露呈、弔問外交という貴重な機会を 生かそうとの戦略もなかったのだ。

 悪夢の再来は、フランスで反テロの連帯を示す各国首脳のデモ行進。日本は駐仏大使の出席で済ませた。米国も首脳が参加しなかったが、批判が集中し、ホワイトハウスは「外交上の失敗だった」と判断ミスを謝罪した。

 しょせん世界が見えていない「井の中の蛙(かわず)」なのである。「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」と大仰だが、単に原発や武器を売る相手国探しだろう。「積極的平和主義」とは戦争には積極的だが、平和裏に行う連帯デモなど無関心なのだろう。まさに悪夢だ。 

ソース(東京新聞・久原穏氏) 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015012102000167.html








特定の宗教に肩入れしろってか






バカじゃね?
何が悲しくてイスラムVSキリストの戦いに巻き込まれなきゃなんね~だよ







ゲンダイだろと思ったら、東京新聞だったwwww
すげえな、このバカ記事を新聞に載せるのか、


なりふり構わんにもほどがある。







テロに加担するような記事







日本赤軍の広報紙だと思ったら東京新聞ですかwww

名前を変えたんだね、赤軍新聞は。



こういう馬鹿新聞を見ると本当に日本のマスゴミのレベルの低さを実感するな。
いくら自分たちのイデオロギーがあると言っても、普通のまともな国だったら
自国民がテログループに脅されている状態にあるようなときには、国民全体が まとまってテロ組織に抗議する姿勢をとるよ。
とにかく自分たちの嫌いな政権を攻撃するためなら犯罪組織のやることでも
利用できるものは利用するというのは、ほとんど赤軍派の考え方そのまんまww
もう、呆れるという以外の言葉は見つからない。
こんなもの新聞でもなければジャーナリストでもない。






普通の新聞だったら、こういう馬鹿な記事はデスクで止められるんだろうけど
東京新聞は上から下までキチガイと朝鮮人しかいないからなwww







安倍政権を批判している者 = 日本にテロを呼び込みたい者
http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-258.html


「集団的自衛権」とは無関係である。そもそも集団的自衛権と個別的自衛権の区別が議論されるのは日本だけである。

現在日本が行っており、今回の安倍首相の中東訪問で再確認された経済援助は、従来から行われてきた中東諸国の経済開発、
安定化、テロ対策、難民支援への資金供与となんら変わりなく、

もちろん集団的・個別的自衛権のいずれとも関係がなく、関係があると受け止められる報道は現地にも国際メディアにもない。
今回の安倍首相の中東訪問によって日本側には従来からの対中東政策に変更はないし、変更がなされたとも現地で受け止められていない。

安倍首相が中東歴訪をして政策変更をしたからテロが行われたのではなく、単に首相が訪問して注目を集めたタイミングを狙って、

従来から拘束されていた人質の殺害が予告されたという事実関係を、疎かにして議論してはならない。

「イスラーム国」側の宣伝に無意識に乗り、「安倍政権批判」という政治目的のために、あたかも日本が政策変更を行っているかのように論じ、
それが故にテロを誘発したと主張して、結果的にテロを正当化する議論が日本側に出てくるならば、少なくともそれがテロの暴力を政治目的に
利用した議論だということは周知されなければならない。

「特定の勢力の気分を害する政策をやればテロが起こるからやめろ」という議論が成り立つなら、民主政治も主権国家も成り立たない。
ただ剥き出しの暴力を行使するものの意が通る社会になる。今回の件で、「イスラーム国を刺激した」ことを非難する論調を提示する者が出てきた場合、
そのような暴力が勝つ社会にしたいのですかと問いたい。













[PR]
by hinoe-e | 2015-03-12 03:58 | 東京新聞