ブログトップ

今日ボクが見た風景

韓国で大ヒットの抗日映画「鳴梁—渦巻く海」日本でも公開に向け準備中

韓国で大ヒットの抗日映画「鳴梁—渦巻く海」


日本でも公開に向け準備中 




キム監督


「日本人は李舜臣や豊臣秀吉の時代の歴史についてあまり知らない」




韓国で大ヒット中の映画「鳴梁—渦巻く海」のキム・ハンミン監督がこのほど、
同作品を日本でも公開できるよう、準備作業を進めていると明かした。

「鳴梁」は16世紀末に李氏朝鮮の将軍・李舜臣が水軍を率いて日本軍を撃退した戦いの様子を描いた
“抗日映画”で、韓国での観客動員数は24日までに1600万人を突破。
米映画「アバター」の記録を塗り替え、韓国史上最高となった。

キム監督は「日本人は歴史についてあまり知らない。
この作品は日本の観衆が歴史を知ることの手助けになると思う。
作品に出てくる日本の武将のイメージは史実に近く、日本での上映でも大きな問題にはならないだろう」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140827-00000016-xinhua-cn








そんな歴史的偉人がいたのならなんで水車も作れない土人暮らししてたの?












上陸出来なかったのに城を築き唐辛子を置き捨て虎狩りまでしてたとは…
超時空太閣の妖術は凄いな










そういや、日本の陶芸文化や熊本城を造ったのは韓国人て設定は
今後どうするのかしらねw
















捏造歴史を覚えてもねぇw韓国と在日の間でしか理解できないんだろw
お蔭で見た目区別つかなくてもコメントでチョンは区別つくわぁwww








李舜臣?
後頭部を殴ろうとしたら返り討ちにあった外道だろう?













李舜臣と日本水軍について。

日本水軍は、竜骨の無い外洋向きの船ではなかったこと。
天下統一後の秀吉の政策で、水軍はでかい船を作るなと指示されていたこと。
水上戦を想定しておらず、水軍将も陸戦を戦っていたこと。

これを抑えておかないと、なんで日本水軍が初期に苦戦したか見えてこない。

唐武陣 文録・慶長の役の偏り5 中国(明)・朝鮮から見た日本の船
http://town.zaq.ne.jp/u/es1772329/i5eiffc49tueg6


朝鮮水軍は、1592年4月から単独行動をとる日本水軍に攻撃を仕掛け戦果を挙げている。
しかし、8月までには陸上を中心に朝鮮水軍を迎え撃つ作戦に切り替えことと
日本水軍も大鉄砲・大筒を使用し始めると、
朝鮮水軍は途端に苦戦し始めた。

同年10月には福島正則指揮の日本船に、逆襲されて焼き討ちされる事例もでている。


そして朝鮮水軍による補給腺の分断説もあるが実際は切れていない。

李舜臣が日本軍の補給線を寸断したという虚構(文禄の役編)
http://tokugawa-tokugawa.blogspot.jp/2011/09/blog-post_10.html


李舜臣が日本軍の補給線を寸断したという虚構(慶長の役編)
http://tokugawa-tokugawa.blogspot.jp/2011/09/blog-post_9643.html


そもそも、日本、明、朝鮮、フロイスの各種記録に、
朝鮮水軍のせいで補給が切れたとの記録は一切無い。














やっぱり実態はこうだったかw














バッカじゃねw
戦国末期ほど日本人が日本史に興味を持ち、


歴史資料の発掘に熱心な時代はないっつーのwww

朝鮮捏造史観と一緒にすんなっつーの。














何も残ってない本国人は騙せても日本は無理だっぺw









さすがは小説が史実になる国w
たとえば日本で閔妃暗殺が小説になるまでは省みたこともないくせにw

イスンシンも、どうやら「坂の上の雲」で韓国ではじめて英雄になったそうね














東郷平八郎の リップサービスで はじめて そんな人が いたんだぁ・・・

って 知ったんだろうに 朝鮮人は












正確には東郷提督と懇意だったと主張する朝鮮人実業家が
提督の死後に回想と称して自著に載せた発言だね。


李舜臣を水軍将として評価した一次ソースはそれだけ














生前から戦死後、300年以上、ほぼ無名だったのに


何故か本人の墨書や佩刀が極上の保存状態で伝わり、


韓国の【国宝】となっている不思議w











韓国の「歴史」の軽さって、韓国以外から見れば困ってしまうレベルなんだよなあw
特に酷いのはその英雄の少なさ
歴史が300年もないアメリカだって英雄は無数にいるのになw




















シンシアリー氏のブログより

李舜臣の映画、日本での上映を推進・・「日本人は過去を知らないから教える必要がある」
テーマ:隣の国の無理っす


この前、主演の人がアベガーとか騒いでいた時 からそうだろうとは思っていましたが、

李舜臣の活躍を描いた映画「ミョンラン」の日本公開を推進しているとのことです(※まだ未定)。



監督曰く:

「別に日本側の武将を弱く描いてないから大丈夫だろう」

「日本人たちは過去をしらない」

「過去を知らないから反省の必要性もしらない」

「だからこういう歴史を知らせる必要がある」


http://media.daum.net/entertain/culture/newsview?newsid=20140825153913668&RIGHT_REPLY=R39




何度も繰り返しになりますが、この人達にとって「これは映画だから」という見方は通じません。

最近、SAPIOとVOICEへの寄稿文を書きました。


その中のSAPIOへの寄稿文で、またもやサタンを持ちだして


「韓国人の反日は宗教じみているため、エンターテイメント分野も例外ではない」


という内容があります。

まさにそんな感じです。


http://s.ameblo.jp/sincerelee/entry-11915055221.html















いいんじゃないかな。

映画公開をきっかけに歴史に興味を持ってくれれば万々歳。www








しかし南朝鮮で大ヒットでも他国でヒットするかは別問題
ハリウッドはその国に合わせた細かいリサーチでチョイスした映画を流してるし
まぁ、韓流ドラマ見りゃ失敗は確実だが…








事実を知っている世界の人達は大笑いされる国の恥にしか成らない








韓国は嘘でも捏造でも大きな声で主張した方が勝つ
バカが考えることなんだけど、それを国家的にやるところが凄い








興味を持てば、皆んな調べる。
そして、それがウソだとバレる。 韓国人の場合、いつもこれ。







テョンは歴史は後から、捏造するものだと
思ってるらしいからwww


[PR]
by hinoe-e | 2014-08-29 03:17 | 韓国