ブログトップ

今日ボクが見た風景

鳩山由紀夫氏 北京外国語大学の名誉教授になる

8月21日から25日まで中国を訪問していた鳩山由紀夫氏が公式HPで訪問中に行ったことを報告した。文章はスタッフ・H氏によるものである。

 訪中の主な目的は、幸夫人の母・橋本秀子さん(現在95歳)が、75才頃に自費出版した本が中国語に翻訳・出版されることとなり、その出版記念会に参加すること。そして、河南省・登封市での嵩山フォーラムでの講演のため。

 また、北京外国語大学の日本学研究センターで鳩山氏は同大学の名誉教授に任命されたという。公式Facebookには訪中時の写真も掲載され、幸夫人の姿も見ることができる。

 鳩山氏は唐家セン元国務委員と会談をしたが、その際に同氏から言われたのは、日中関係の根本的な問題が「相手を敵と見るか、友人と見るか」ということ。そして「ボールは日本側にある」と言われたようだ。つまり「日本の対応次第だ」と言いたいようである。




http://yukan-news.ameba.jp/20140827-15508/













”ボールは「支那」側にある” が正しい。 




それすら分からないア○ポ○タンなので、専任教授になって根付いて下さい。









この際だからついでに「名誉北京市民」、いや「名誉中国共産党員」、


「名誉中国人」を目指そう。ついでに日本国籍を放棄してくれ。














そのまま余生を中国で過ごしてくださいm(_ _ )m お願いします







帰ってこなくてけっこう。そのまま支那に骨を埋めてくれぃ。


支那より愛を込めてっていうコラムを朝日新聞が連載してくれるよ(笑)







いつも思うんだが、ポポ山はウルトラマンに出てきたダダに似てるよな。( ‾▽‾)




ダダは、特撮
作品『ウルトラマン
』を初めとするウルトラシリーズ
に登場する架空の怪獣
。「三面怪人
」の別名を持つ。


白黒の幾何学的な縞模様で全身を覆われている怪人。名前はダダイズム
に由来し、既成概念では理解し難い宇宙生物を意図して脚本家の山田正弘
が名付けた





ダダイスム
: Dadaïsme)とは、1910年代
半ばに起こった芸術
思想
・芸術運動
のことである。ダダイズム、あるいは単にダダとも呼ばれる。第一次世界大戦
に対する抵抗
やそれによってもたらされた虚無を根底に持っており、既成の秩序や常識
に対する、否定、攻撃、破壊といった思想
を大きな特徴とする。


[PR]
by hinoe-e | 2014-08-29 01:34 | 売国活動