ブログトップ

今日ボクが見た風景

アメリカが靖国神社焼却を止めた理由





終戦後に戦勝国アメリカが、当時敵視していた日本の靖国神社を焼き払い払ドッグレース­場を建設する計画があったようです。
しかし、駐日ローマ教皇庁のブルーノ・ビッテル神父が言った「いかなる国家もその国家­のために殉じた戦士に対して、敬意を表す権利と義務があり、それは戦勝国、敗戦国を問­わず、平等の真理である。アメリカ陸軍が靖国神社を焼却したならば、アメリカ陸軍の歴­史に永久に消すことのできない汚点を刻む事になるだろう」という言葉によって焼却は中­止となり、靖国神社は存続する事となったようです。
反日国家の中国・韓国は日本の首相による靖国神社参拝に対して反発しますが、日本では­責任を取って切腹という潔い死にかたもあったり、死に対する考え方の違いもあるのでし­ょうかね。
何にせよ、日本のやる事に対して監視ばかりする中国と韓国は、ストーカーすぎて気持ち­悪いです。

たかじんのそこまで言って委員会










昭和28年8月に国会で共産党を含む議員全員で戦犯無効とし、
恩給が支給されるようになりました。全員名誉を回復され、公務死と扱われたのです。







いかにK国C国の愚かさがここの話で理解できますね。

そもそも文化の違いに口出ししてる時点でこの場の話は成り立ってない。















他国を自国の都合で開拓して、別の他国から嫌がらせ受け、
こちらから喧嘩を仕掛けて、グーの音も出ない程コテンパンにやられて
侵略もされず今の日本がある、

そういう意味では、戦争も無駄ではなかった、メデタシ、メデタシ、

しかし戦争に負けたと言う事は、戦った人間の死は無駄だったことになる、
東京裁判を、うだうだ言ったところで国際世論から同感されるはずもなく、
ただ、ただ、恥ずかしい、犠牲者と過誤指導者をチャンポンで奉って
平気で手を合わせている日本の政治家の人間としての感覚が恥ずかしい、
人間、自分に都合の良い論理だけを振り回すのが常であるにしても、
自国の為なら何をしても人間として許される事にはならないだろう、恥ずかしい。







生粋の日本人ですが日本人で恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい 草生えるわ






平然とウソをつくのが、朝鮮DNA










靖国参拝を批判するのは日本人じゃない証拠。





民主党は 朝鮮のためによく頑張って 数々の功績を残されました。






人の家に土足で入り込んで来て
居座りながらやれ仏壇を拝むな、やれ分離しろなどと
ガーガー喚き立てるこの無礼極まりない不敬な輩と
一体いつまで付き合うつもりだ。さっさと絶縁しろよ日本人。
[PR]
by hinoe-e | 2015-03-27 05:30 | 日本と云う国